隠れ家サロン ノスタルジア

隠れ家サロン ノスタルジア は東京都北区・駒込にある男性セラピストのプライベートサロンです。

【WS-9】保育士・介護職・セラピストのための上級ファーストエイド(2)

【WS-9】保育士・介護職・セラピストのための上級ファーストエイド(2)

【保育士・介護職・セラピストのための上級ファーストエイド】 のお知らせ第二弾です。

病院外で心停止となった小児の生存退院率は 4~13%しかありません。
適切なアプローチとアセスメントを行うことで、心停止への進行を阻止できるかもしれません。
当ワークショップでは、小児から成人・高齢者までの『緊急事態に気付き、適切に対処する』スキルが学べます。

一般市民向け救命救急講習でも、心肺停止、内因性(急病)、外因性(ケガ)と幅広く学ぶことができますが、横並びに教わるため、個々の知識は身についたとしても実践時にどこから手を付けて良いのか迷う可能性があります。

実際に私自身、消防庁の応急手当普及員や日本赤十字社の救急法奉仕団に属しておりましたが、別団体の救護シミュレーションとして傷病者役と対峙したときに、救急法などで獲得した知識を上手く活かせなかったのです。

その理由は「知識の検索」から入ってしまったからでした。

『呼吸があるので心停止ではない・・・大出血もない・・・とすると急病?脳卒中の症状はどうだったっけ?ショックの症状はどうだったっけ?』といった感じで考え込んでしまったのです。

横並びに知識を獲得すると、記憶が鮮明のものから検索しがちですが、それが誤りの元でした。

医療従事者や救急隊員の学び方は時系列に縦の並びで、実践時の行動そのものです。

個々の知識を一定の原理で統一的にまとめた全体を「体系」と言いますが、傷病者への接近(アプローチ)や評価(アセスメント)の仕方をフローチャートにした『体系的アプローチとアセスメント』を行動指針として身に付けるのです。

体系的に学ぶメリットは、例えば病気に関する深い知識がなかったとしても、時系列にチェック内容を進めていけば、迷うことなく同じ結論(緊急度と重症度、可能性としての病名)に達し得るところにあります。

そして、今まで獲得した個々の知識(救急法などの)も活かせますので無駄にはなりません。

今回私が開催するワークショップでは、心肺停止は「AHA BLSヘルスケアプロバイダー」「日本救急医学会 ICLS」「JRC蘇生ガイドライン2015」、小児は「AHA ファミリー&フレンズ・子どもファーストエイド」「AHA PEARSプロバイダー」、内因性(疾病)全般は「JSEM PEMEC」、意識障害は「JSEM PCEC」、脳卒中は「JSEM PSLS」、外因性(外傷)全般は「AHA ハートセイバー・ファーストエイド」「JPTEC協議会 JPTEC」、感染防護は「AHA 血液媒介病原体」をそれぞれエビデンスとしております。

※AHAはアメリカ心臓協会、JSEMは日本臨床救急医学会

当コースでは、小児~成人・高齢者すべてに対して実践で使える『体系的アプローチとアセスメント』の知識と対処の手技について学習します。

《子どもと接する機会の多い方》
実際の患児の映像により、異常な呼吸のパターンを学べます。
子どもは問診が難しく、容体も変わりやすいので、観察して評価するスキルが重要になってきます。
通常の救命救急講習では学べない、「胸郭包み込み両母指圧迫法(胸骨圧迫)」や「エピペンの使い方」の実技も行います。

《高齢者と接する機会の多い方》
意識障害や脳梗塞といった緊急度が高い疾病以外にも、めまい・ふらつき、麻痺、動悸、嘔吐、腹痛、喀血・吐血、下血・・・などの症状にはハイリスクの可能性が潜んでおります。
ハイリスクに気付いて対処するスキルを身につけます。

« »